2012年05月06日

第30回 親と子の歴史ウォーク【報告】5月5日

2012年5月5日「親と子の歴史ウォーク」開催!
毎年5月5日に開催してきた「親と子の古墳めぐり」ですが、30回目の今年から「親と子の歴史ウォーク」として古墳だけでなく、いろいろな史跡を訪ね歩くことになりました。

今年は、赤坂町の園芸センターから出発して、古墳や古代遺跡、銅山跡、山城跡、石塔、辻堂跡など盛りだくさんの内容でした。
当日は晴天に恵まれ、67名が参加されました。
子どもさんも10数名参加して、とても賑やかなウォーキングでした。
園芸センターに集まった参加者はまず、1班と2班に別れ、それぞれピンクと水色のリボンを胸につけて、出発しました。

最初は、六つ塚古墳です。

六つ塚古墳の前で説明を聞く

六つ塚第3古墳前で熱弁をふるう篠原副会長

四つ塚古墳で四基の古墳探し!

四つ塚古墳では、「みなさん4基の古墳を探してみましょう~!」という号令で、みな古墳探し。
すぐに見つけることができました!

古墳のお次は古代の祭祀遺跡を見に行きました。

その大きさにみなびっくり。ここは狭い場所なので、1班、2班に分かれて見学です。

福山少年自然の家では、思い思いにお弁当を広げてひと休みです。

戦国時代にタイムスリップしてきました。古墳や、山城に至る道は事前にスタッフの手により伐採・草刈りされていて歩き易くしてありました。
そんな苦労もちゃんと理解してくださった参加者もいらして、嬉しい限りです。この後、下って辻堂跡で辻堂の説明を聞いて、解散しました。 園芸センターに戻る人、備後赤坂駅まで歩いて向う人
それぞれ分かれました。 スタッフのみなさん、参加者のみなさんお疲れ様でした!また、来年!!