2004年04月04日

亀山の丘に古代のまほろばを見る(福山市神辺町)

花のもとにて春

2004年4月4日発行

亀山の丘に古代のまほろばを見る
中条いわし

備後国安那郡中条村(現神辺町)出身の佐貫坊という山伏が、信州のとある山中を旅していた時のことだ。日暮れて山中の一軒家で宿を乞うと、中から「どうぞ」という女の声がした。入ってみると老婆が一人で住んでいた。見ると髪は黒々として、声は娘のように張りがある。佐貫坊は気味悪く思ったが、山中に外に宿りする場所はない。請じられるまま囲炉端にすわった。

老婆も最初は佐貫坊を何をするかわからない旅の修験者として警戒していたが、佐貫坊に備後訛りがあるのを知ると、とたんに打ち解けて話しかけてきた…


<目次>

  • スケジュール
  • 福山北部の史跡
  • 中条いわし
  • 伝説の穴の海
  • 実在した穴の海
  • 亀山遺跡
  • 愛宕遺跡出土資料
  • 亀山遺跡図面
  • 道上地区遺跡分布図

 
 
亀山の丘に古代のまほろばを見る
 
 
 
※この資料を使用する予定だった例会は雨天により中止されています。