2010年05月16日

下蒲刈島と大崎下島を訪ねる(広島県呉市)

2010年5月16日発行

下蒲刈島と大崎下島を訪ねる
■下蒲刈島・・・・

平成15(2003)年4月に呉市に合併した。周囲16Kmの島で江戸時代に、本陣、番所、茶屋の3点セットを備えた「海駅」に指定された。慶長12年(1607)から文化8年(1811)の間に12回におよび朝鮮通信使が来ており、その時は朝鮮通信使からの船6隻に対馬藩の船が40隻随行し、12回目を除き下蒲刈島の二之瀬に船を寄せ一泊した。また、西国大名達の往来でも賑わった港まちである。下蒲刈島は、海上往来の激しいこの地は、潮の流れの複雑なことでも有名であり、昔の船の関係者はその激しさの順に山口下関を「一之関」、上関を「二之関」下蒲刈町三之瀬を「三之関」と呼んだ…


<目次>

  • 本日の日程
  • 下蒲刈島
  • 朝鮮通信使
  • 白雪棲(はくせつろう)
  • 福島雁木
  • 武家屋敷
  • 大崎下島
  • 御手洗
  • 御手洗の歴史
  • 御手洗天満宮
  • 金子邸
  • 松浦時計店
  • 乙女座
  • 七卿落遺跡
  • 鞆田邸
  • 船宿
  • 千砂子波止(ちさごはと)
  • 住吉神社(広島県重要文化財)
  • 星野文平の碑
  • 南朝山 満舟寺
  • 誰彼塚(たそがれつか)
  • 亀趺墓(きぶばか)
  • 栗田樗堂(くりたちょうどう)の墓
  • おいらん公園
  • 旧柴屋住宅
  • 資料1 江戸時代の埋立
  • 資料2 施設の分布
  • 資料3 建築年代区分
  • 資料4 御手洗町の他国商事の概況
  • 参勤交代で三ノ瀬寄港の大名持船

 
 
下蒲刈島と大崎下島を訪ねる