2013年05月15日

第31回 親と子の歴史ウォーク【報告】5月5日

5月5日、こどもの日恒例の「親と子の歴史ウォーク」を開催しました。

少々暑いぐらいの陽気の中、74名の方が参加されました。


第31回_親と子の歴史ウォーク01

JR近田駅で出発式を行ないます。

第31回_親と子の歴史ウォーク02

駅から最初の目的地「最明寺跡」に向かいます。

第31回_親と子の歴史ウォーク03

最明寺跡。ここは古代の「駅家(うまや)」の跡だと考えられています。

第31回_親と子の歴史ウォーク04

次に権現古墳に移動します。

第31回_親と子の歴史ウォーク05

権現古墳に到着。ここには熊野神社が祀られています。

第31回_親と子の歴史ウォーク06

祠の下の巨大な岩が石室の天井石です。つまり、墳丘が流失した石室の上に神社が建てられているのです。

第31回_親と子の歴史ウォーク07

裏から見ると内部に空間(石室)があるのがよく分かります。

第31回_親と子の歴史ウォーク08

石室内部。現在は大半が埋まっています。

第31回_親と子の歴史ウォーク09

続いて、最明寺に向かいます。この寺が最初の「最明寺跡」から移転したものだと言われています。

第31回_親と子の歴史ウォーク11

最明寺の脇にある板碑。延文2年(1357年)に順阿弥陀仏という僧侶が時宗の教えを広めるために立てられたものです。実は、この岩は二子塚古墳の石室を転用したもののようです。

第31回_親と子の歴史ウォーク12

最明寺のすぐ西に中島八幡宮があります。

第31回_親と子の歴史ウォーク13

拝殿前で八幡神社について説明。

第31回_親と子の歴史ウォーク14

中島八幡宮の西にある山を登ると宝塚古墳があります。ここは周囲が狭いため、10名程度に分かれて見学します。

第31回_親と子の歴史ウォーク15

石室入口はとても狭いですが…

第31回_親と子の歴史ウォーク16

内部はとても大きな空間が広がっています。

第31回_親と子の歴史ウォーク17

いよいよ、今回の目玉である巨大前方後円墳「二子塚古墳」にやってきました。

第31回_親と子の歴史ウォーク18

いつもは閉鎖されている石室ですが、今回は特別に公開して頂きました。

第31回_親と子の歴史ウォーク19

奥の岩は巨大な一枚岩です。ここには温度計、湿度計が設置され大切に管理されています。

第31回_親と子の歴史ウォーク20

床には石棺の床石が残されています。これに先の最明寺板碑が組み合わされていたと思われます。

第31回_親と子の歴史ウォーク21

この古墳は後円部だけでなく、前方にも石室の跡があります。

第31回_親と子の歴史ウォーク22

古墳の周囲には周溝跡があり、紐でマーキングされています。

第31回_親と子の歴史ウォーク23

二子塚古墳の隣の公園で昼休憩です。この場所は「池ノ内遺跡」と呼ばれ古代の住居や古墳が検出されたところです。

第31回_親と子の歴史ウォーク24

昼休憩の後は、クイズ大会。クイズの景品が豪華でないのはご容赦のほど…

第31回_親と子の歴史ウォーク25

池ノ内遺跡から弥生ケ丘‎を通り抜け…

第31回_親と子の歴史ウォーク26

四ツ堂を見学します。なお、この四ツ堂は弥生ケ丘の開発により現在地に移転されたものです。

第31回_親と子の歴史ウォーク27

四ツ堂の横には五輪塔の残欠など中世の石造物が集められています。

第31回_親と子の歴史ウォーク28

四ツ堂から丘を下りて、松林堂跡に到着しました。ここも所有者の方から特別に見学の許可を頂きました。

第31回_親と子の歴史ウォーク29

松林堂の建物です。なお、屋根などは近年の改変です。

第31回_親と子の歴史ウォーク30

松林堂の横には松林堂の先生であった信岡武平治の崇徳碑が立てられています。

第31回_親と子の歴史ウォーク31

最後の目的地、「堀の土井城跡」が見えてきました。

第31回_親と子の歴史ウォーク32

堀の土井城跡の頂上には近田八幡神社が建てられています。

第31回_親と子の歴史ウォーク33

山裾には堀切跡と思われる谷があります。

第31回_親と子の歴史ウォーク34

そして、近田駅に戻りました。予定よりやや早く到着したため1本早い電車が来てしまい、解散式は切り上げて終了となりました。