2007年07月13日

特別歴史講演会「二子塚古墳の時代」

親と子の古墳めぐり25回記念
特別歴史講演会
(広島県立歴史博物館共催)
テーマ「二子塚古墳の時代」
二子塚古墳は、中国地方でも最も新しい大規模な前方後円墳です。こうもり塚古墳をはじめとする岡山県内の前方後円墳について、スライドもまじえて紹介し、その後の終末期古墳のあり方も含めて比較検討することによって、この時代の備後地域の果たした役割を考えてみたい。また、これまで山陽側に分布のみられなかった双竜環頭太刀が出土したことの意味を、東日本も含めた広域的な関係の中で検討してみる予定です
講師  岡山大学文学部教授 新納 泉先生
《日時》  平成19(2007)年7月28日(土)
午後2時~4時
《会場》  福山市西町
広島県立歴史博物館 講堂
《会費》  無料
《備考》  申込不要、先着300名