大田庄は在地の豪族橘氏が、所領を平家に寄進し、成立した荘園です。世羅郡の東半を占めた庄域には今も往時の遺跡、中でも「石の花」と謳われた中世の石造物が残っています。今回はこの中世石造物をメインに探訪します。

廃万福寺七重石層塔
廃万福寺七重石層塔(県重文)

(実施日)  4月15日日曜日※雨天決行
(集合時間) 午前8時
(集合場所) JR福山駅北口観光バス乗り場
(参加費)   会員2400円、一般2700円
(募集人数) 44名
(講師)    田口義之会長
(申込方法)「行事参加の申込は」のフォームより
(その他)  弁当飲み物持参、歩きやすい服装・靴でご参加ください

(主な探訪予定地)
☆廃万福寺跡…中世の寺院跡、県重文の石層塔や寶篋印塔などがある。
☆神田2号古墳…石扉のある終末期古墳
☆永安寺跡古石塔群…これも中世の寺跡に残る石塔群
☆今高野山…平家滅亡の後領主となった紀州高野山が荘園の政所として創建、数々の文化財がある。
☆久代城跡・石造五輪塔群…大田庄の預所を務めた久代氏の本拠。城跡の傍らに五輪塔群が残る。
☆鳳林寺古石塔群…室町戦国期、付近の山城主であった下見氏、湯浅氏の石塔が残る。