2013年03月02日

4月6日【ぶら探訪】(拾壱)水呑の古往還を歩く&お花見

水呑の古往還

水呑の古往還

鞆軽便鉄道の橋脚

鞆軽便鉄道の橋脚

福山市街地の西南、水呑町は市内の中でも大変古くから開け、特色ある歴史を持っています。

今回はこの水呑町の中心部を古往還に沿って歩き、歴史を探訪します。また、この地は近世以降、鞆と福山の中継地として栄え、町を縦断して「鞆軽便鉄道」が敷設されました。その痕跡も辿ってみたいと思っています。

なお、終了後桜の名所として有名な水呑八幡神社周辺で「お花見」も開催しますので、こちらもよろしくお願い申し上げます。

  • 法華一乗屋敷跡(室町時代の刀工法華一乗の遺跡)
  • 妙顕寺・重顕寺(いずれも備後屈指の日蓮宗の古刹)
  • 鞆軽便鉄道の遺跡(線路、ホーム、鉄橋の跡など)
  • 水呑古往還
  • 水呑八幡神社(長和庄の鎮守福井八幡から分祠)

募集要項

実施日 4月6日(土)※雨天決行
集合時間 午前9時00分
集合場所 鞆鉄バス「葛城バス停」前
参加費 100円(会員)
300円(一般)
(お花見の参加費は別途 2,000 円)
募集人数 50名
講師 田口義之(備陽史探訪の会 会長)
申込方法 ネットでのお申込みは下記の「参加する」をクリック!
その他 ・飲み物等は各自ご持参ください。
・歩きやすい服装・靴でご参加ください。
・午前11時30分頃、水呑八幡神社で解散予定。
・※終了後、お花見12時開宴予定です。

↓参加お申込みはこちら!
参加する

行事に関するご質問などは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

【葛城バス停】

大きな地図で見る