2009年11月1日発行

下道氏と金田一耕助に出会う旅
名探偵金田ー耕助の生まれた家

ぼさぼさの髪に、前がはだけた着物姿。山すそ一面に田んぼが広がるのどかな農村を、うろうろする一人の男がいた。ある時は池のほとりにたたずみ、またある時は、ふらふらとよろめきながらあぜ道をさまよった。

太平洋戦争末期の一九四五年春、東京での戦火を避け、推理小説家口横溝正史(1902~1981年)一家が吉備郡岡田村字桜(現在の倉敷市真備町岡田)に疎開、約3年半を過ごしました。正史の両親が吉備郡周辺の出身だったのが縁となったのです…


<目次>

  • 行程
  • 圀勝寺(小田郡矢掛町東三成)
  • 国指定史跡 下道氏墓(小田郡矢掛町東三成)
  • 真備ふるさと歴史館(倉敷市真備町岡田)
  • 横溝正史疎開宅(倉敷市真備町岡田)
  • 「巡・金田一耕助の小径」(10月1日~11月30日)
  • 県指定史跡 勝負砂古墳(倉敷市真備町下二万)
  • 市指定史跡 二万大塚古墳(倉敷市真備町下二万)
  • 真備歴史民俗資料館(倉敷市真備箭田)

 
 
下道氏と金田一耕助に出会う旅
 

http://bingo-history.net/uploads/2012/06/88d7da09fc256826723f83e3a20fadc2.jpghttp://bingo-history.net/uploads/2012/06/88d7da09fc256826723f83e3a20fadc2-150x100.jpg管理人デジタルライブラリーデジタルライブラリー,例会,吉備2009年11月1日発行 名探偵金田ー耕助の生まれた家 ぼさぼさの髪に、前がはだけた着物姿。山すそ一面に田んぼが広がるのどかな農村を、うろうろする一人の男がいた。ある時は池のほとりにたたずみ、またある時は、ふらふらとよろめきながらあぜ道をさまよった。 太平洋戦争末期の一九四五年春、東京での戦火を避け、推理小説家口横溝正史(1902~1981年)一家が吉備郡岡田村字桜(現在の倉敷市真備町岡田)に疎開、約3年半を過ごしました。正史の両親が吉備郡周辺の出身だったのが縁となったのです… <目次> 行程 圀勝寺(小田郡矢掛町東三成) 国指定史跡 下道氏墓(小田郡矢掛町東三成) 真備ふるさと歴史館(倉敷市真備町岡田) 横溝正史疎開宅(倉敷市真備町岡田) 「巡・金田一耕助の小径」(10月1日~11月30日) 県指定史跡 勝負砂古墳(倉敷市真備町下二万) 市指定史跡 二万大塚古墳(倉敷市真備町下二万) 真備歴史民俗資料館(倉敷市真備箭田)     下道氏と金田一耕助に出会う旅  備後地方(広島県福山市)を中心にした地域の歴史を研究しする歴史愛好の集いです