2000年04月09日

風光る黄葉山に桜花舞う(神辺城・神辺宿)

2000年4月9日発行

―花の下にて春、神辺宿の史跡めぐりと「お花見」―

風光る黄葉山に桜花舞う
神辺宿と黄葉山城跡

かつての面影を残す「本陣」や「管茶山旧宅」で有名な神辺は、近世、西国街道の宿場町として栄えたところです。

その発祥は古く、今から六百余年前に逆上ると言われています。南北朝時代の建武年間(一三三四頃)、備後守護職に任ぜられた朝山景連は、町の南に盤える責葉山に城を築き、居城としました。以来、元和五年(一六一九)、水野勝成が福山に城を移すまで三百年近く、この地は備後の中心として栄え、城下町が形成されました。現在でも、町中に「三日市」「七日市」の地名がのこっていますが、これは当時城下に開かれた「市」の名残です…


<目次>

  • 神辺宿と黄葉山城跡 (田口義之)
  • 山名理興の野望 福山市観光協会刊『備後戦国紀行』より
  • 神辺城跡 備陽史探訪の会刊『山城探訪』より
  • 菅茶山
  • 神辺宿の街並 (神辺郷土史研究会『近世神辺宿の街並』より)
  • 神辺宿絵図(写)

 
 
風光る黄葉山に桜花舞う