2009年04月25日

足利義昭の上國について『歴史講演会』開催!

講師は、備陽史探訪の会副会長の小林定市さん。機関誌『山城志』19集に掲載された研究論文「足利義昭の上國について」(毛利氏を頼って備後に滞在した室町幕府最後の将軍足利義昭が、幕府再興の夢破れ、豊臣秀吉と和解して京都へ帰る顛末を考察した論文)が各方面から評価され、このたび講演会のはこびとなりました。

当日はあいにくの悪天候にもかかわらず、37人の方が参加され、皆さん熱心に聴講されていました。小林さんはさまざまな古文書を解説しながら、研究報告をされました。

《開催日》4月25日(土)

《時間》 午後2時~午後4時

《会場》 福山市本町  福山市市民参画センター

《会費》 無料