2012年08月19日

【自作】遺物型取器(マコ)を改良してみました

今月はじめに遺物型取器(マコ)の制作についてご紹介しましたが、思うような使用感が得られなかったため、若干の改良を試みました。

<改良点>

1.針部分の押さえを2点支持から3点支持に

→両端部に加えて中央部にも固定ボルトを追加
マコ改

2.フエルトの厚みを増加

→当社比2倍に増量!色も格調高い紫に!(単にこの色が手元に余っていただけ)
マコ改アップ

以上2点の改良より竹ひごの動作が想定通りのスムーズさに… なりはしましたが、残念ながら、まだ部分的に動作感が異なる部分が残ってしまいました。

どうやら、フレーム(木材)の歪みが原因のようです。木材の材質選定がよくなかったのかもしれません。

次なる対策として補強材を入れてみようと考えています。なお、フレーム自体を作りなおすのは今まで使った材料がもったいないので、やらないつもりです。また、近々市販されている本物?のマコを見に行く予定もありますので、新たな改良点が見つかれば反映させたいと思います。

というわけで、実用に耐えるマコが出来上がるまでもう少しかかりそうです。

 

試用材料は以下のとおり(前回からの変更点は赤文字)。

  • 木板(450×30×3mm)×2
  • 竹ひご(Φ1.8mm)×200本程度
  • フエルト(450×30×3mm)2重×1
  • プラダン(450×30×3mm)×1
  • ボルト&ナット(20mm×Φ5mm)×

<関連記事>
【自作】真弧(マコ)を試作しました
【自作】遺物型取器(マコ)が完成しました!?
【自作】遺物型取器:真弧(マコ)の新型が完成しました~
【自作】新型遺物型取器(マコ)を更に改良しました!

2 comments to 【自作】遺物型取器(マコ)を改良してみました

  • 野村秀樹

    私もプラダンでマコを作ってみました
    また石造調査があれば持って行きたいと思います。

  • 管理人

    自作されたんですね!互いのもので同じ面を測定して精度差がどれぐらい生じるか実験したいですね。