2010年05月08日

神石郡父木野村大石城の踏査

5月8日、講演の打ち合わせの帰りに、神石高原町父木野の五殿山城と大石城を訪ねた。五殿山城は自然公園となり、道路などで破壊が目立つが、中世山城跡と認めていいだろう。山頂の本丸からの眺望は絶景で、遠く木梨の鷲尾山城が望めたのには感動した。

大石城は、父木野の重入という廃村の奥にあり、林道で近づけたが、荒廃が著しい。背広姿で訪ねたので、中に入れなかったのは残念であった。野猿の集団に出くわしたのも新鮮な驚きであった。

大石城は本来名前は伝わらず、「古城」と呼ばれていたのみで、命名は小都さんだということである(要注意)