2010年12月05日

美作の王墓とホルモンうどんの旅(津山市~勝田郡勝央町)

2010年12月5日発行

美作の王墓とホルモンうどんの旅
●美作国とは・・・

美作国(みまさかのくに)は、山陽道に位置し、現在の岡山県の東北部にあたります。

国全体が海に面しない内陸の山間地であり、平地は山々の合間に盆地が点在するだけです。

主要な盆地は二つあり、西部の真庭市を流れる旭川周囲の盆地、吉井川の流れる津山盆地を中心とする中央部、梶並川・滝川が吉野川に合流する東部の美作市の盆地で、美作はその三盆地を核におよそ西部(真鳴郡、大庭郡)・中央部(苫田郡、久米郡)・東部(英多郡、勝田郡)の三つに別れます。

岡山三大河川のうち、旭川と吉井川の上流域に位置し、近代化が進むまでは高瀬舟が流通の役目を担いました…


  • 行程
  • 美作国とは・・・
  • 久米三成4号墳
  • 美和山古墳群
  • 津山洋学資料館
  • 箕作阮甫(みづくりげんぽ)旧宅
  • 植月寺山古墳
  • 観音寺

 
 
美作の王墓とホルモンうどんの旅