2013年07月26日

吉備の弥生集落について【山本悦世氏 歴史講演会】開催されました

2013年7月20日、岡山大学埋蔵文化財調査研究センターから山本悦世氏をお招きし吉備の弥生集落についての歴史講演会を行いました。

会場の広島県立歴史博物館地下ホールには120名もの方々が来場されました。


IMG_0010_R

講演会開始前には前座?として、事務局長が会を紹介するプレゼンテーションを行ないました。

IMG_0022_R

最初に会長によるご挨拶。

IMG_0028_R

そして、山本悦世氏による講演です。

IMG_0036_R

「縄文ムラ」から「弥生ムラ」まで岡山平野や惣社平野などの遺跡の変遷を体系的にご説明頂きました。

また、「楯築遺跡」の位置付けなど、文化面からの考察もご披露いただきました。

IMG_0040_R

旭川河口に位置する「鹿田遺跡」の調査で発見された最古の牛の絵馬など、最新の研究成果もご紹介頂きました。
ありがとうございました!