1996年03月10日

松永湾の史跡巡り(福山市松永町)

1996年3月10日発行

松永湾の史跡巡り
松永界隈

”下駄の町”松永は、戦後の一時期「松永市」として独立の市を形成していただけに、福山市の中でも一種独特の雰囲気を醸し出している。JR松永駅に降り立って駅前を東に歩いてみよう。今でも小さな木工場が海に通じた水路の両側に並び、潮と本の香りの混じった昔懐かしい匂いが漂ってくる。

松永が今日、はきものの町・下駄の町としてあるのは、江戸時代前期、この町が本庄重政によって“塩田”として開発されたことに端を発している…


<目次>

  • 予定表
  • 松永界隈
  • 松永町
  • 神村町
  • 宮前町
  • 今津町
  • 松永湾の史跡巡り
    • 松本古墳
    • 神村八幡神社
    • 矢捨古墳
    • 新熊野山東方院薬師寺
    • 旧山陽道の宿駅、今津宿
    • 今津本陣河本家
    • 西方院新熊野山蓮華寺
    • 高諸神社
    • 共同井戸
  • 行程地図
  • 古代・中世の松永

 
 
松永湾の史跡巡り