3月2日に10回目

ぶら探訪「両備軽便鉄道の痕跡を歩く」が行われました。

IMG_8285

参加者は最多を記録した前回(第9回)を上回る92名!

IMG_8290

講師の中西氏。初の講師役に前日は緊張して寝られなかったとのことです。そして、このメガホンも新規購入後、初登場なのでした。

IMG_8293

出発。まずは両備軽便鉄道の始発駅、「両備福山駅」跡へと移動します。

IMG_8294

写真中央の石垣が三の丸。両備福山駅跡は写真右手にあった外堀を埋め立てて建てられていました。

IMG_8303

両備福山駅跡を北へと進むと薬局があり、ここに鉄道の枕木の土台だったコンクリートが残されています。

IMG_8304

薬局の建物には案内板が設置されています。

IMG_8306

写真中央右側の建物が土台の残る薬局です。人数の関係で入れ替わりでの見学となりました。

IMG_8309

線路跡は住宅の敷地の境界となっていたりと、何気ない住宅地に微かな痕跡が残されています。

IMG_8321

かつて鉄道が敷地内を通っていた弘宗寺に着きました。なお、現在の弘宗寺は敷地が狭まり鉄道跡からは外れています。

IMG_8323

本堂に集合。

IMG_8325

ご住職より、寺の由来と水野氏との関係についてのお話がありました。

IMG_8327

本堂の裏手には三河藩主水野忠胤の子、水野勝直の墓があります。

IMG_8332

吉津川を渡ります。鉄道もここら辺で川を渡っていたそうです。

IMG_8334

川を渡ると公園があります。鉄道はこの公園を横切っていました。

IMG_8337

吉津駅跡。線路跡を撮影した当時の写真があり、見比べると当時の様子が想像できます。

IMG_8342

吉津駅のプラットホームだった石垣が残されています。

IMG_8345

その近所に線路らしき金属が残されています。サイズから判断すると軽便鉄道ではなくトロッコ等のものであろうとのことです。

IMG_8354

国道313号線の高架下に鉄橋の石垣が残されています。

IMG_8357

更に北側に進むと、写真左の高架下にも鉄橋の石垣が残されています。

IMG_8360

中央斎場前の公園で解散です。お疲れさまでした!