2012年05月13日

寒水寺古墓群 中世石造物調査【報告】

五月十三日(日)に十名で、福山市神辺町西中条の寒水寺南側に所在する古墓群の調査を行いました。

この古墓群は、周辺に散在していた石塔や石仏、墓石などを一か所に集められたもので、次の中世頃と考えられる石造物を確認しました。

五輪塔

空風輪13、火輪19、水輪16、地輪17、地輪と考えられる破片1 (以上、全て結品質石灰岩(小米石)製)

一石五輪塔1基、 一石五輪塔の長足部と考えられる破片2、船形石に二基の一石五輪塔を陽刻したもの(以上、全て花商岩製)

宝篋印塔

笠5、塔身5、基礎5、基壇5 (以上、全て結品質石灰岩(小米石)製、基壇の一つは小型)

そのほか、層塔の笠と考えられるもの1(結品質石灰岩製)

(文責 篠原芳秀)

 

大きな地図で見る