2012年4月28日発行

ぶら探訪③レジメ1
「備陽六郡志」草戸村

往昔、芦田郡、安那郡辺りまで海にてありし節、本庄村、青木か端の辺りより五本松の前までの中島に、草戸千軒という町有けるか、水野の家臣上田玄蕃、江戸の町人に新涯を築かせける。水野外記という者いひけるは、この川筋に新涯を築きては、本庄村の土手の障りと成るへしと、固く留めけれとも、止むことを得ずして新涯を築、江戸新涯という。その後寛文一三年洪水の節、下知して、青木かはなの向かいなる土手を切ければ、たちまち水押し入り、千軒の町家とも押し流しぬ。この時より山下に民家建ち並び、中島には家一軒もなし…


<目次>

  • 主な見どころ
    1. 旧芦田川の流路・堤防・鷹取橋欄干
    2. 地吹荒神社
    3. 新四国八十八箇所(万延元年に設置されたもの)
  • 昭和20年代の地形図
  • 明治30年の地形図
  • 古記録拾遺
    • 「水野家御時代咄伝聞伝留書」
    • 「備陽六郡志」
    • 「福山志料」深津郡野上村

 
 
ぶら探訪③レジメ
 

http://bingo-history.net/uploads/2012/07/7b4f5d2a3304126f65be26b4e4e320d5.jpghttp://bingo-history.net/uploads/2012/07/7b4f5d2a3304126f65be26b4e4e320d5-150x100.jpg管理人デジタルライブラリーぶら探訪,デジタルライブラリー2012年4月28日発行 「備陽六郡志」草戸村 往昔、芦田郡、安那郡辺りまで海にてありし節、本庄村、青木か端の辺りより五本松の前までの中島に、草戸千軒という町有けるか、水野の家臣上田玄蕃、江戸の町人に新涯を築かせける。水野外記という者いひけるは、この川筋に新涯を築きては、本庄村の土手の障りと成るへしと、固く留めけれとも、止むことを得ずして新涯を築、江戸新涯という。その後寛文一三年洪水の節、下知して、青木かはなの向かいなる土手を切ければ、たちまち水押し入り、千軒の町家とも押し流しぬ。この時より山下に民家建ち並び、中島には家一軒もなし… <目次> 主な見どころ 旧芦田川の流路・堤防・鷹取橋欄干 地吹荒神社 新四国八十八箇所(万延元年に設置されたもの) 昭和20年代の地形図 明治30年の地形図 古記録拾遺 「水野家御時代咄伝聞伝留書」 「備陽六郡志」 「福山志料」深津郡野上村     ぶら探訪③レジメ  備後地方(広島県福山市)を中心にした地域の歴史を研究しする歴史愛好の集いです