2011年02月13日

戦国山城を歩く

備陽史探訪の会3月例会

福山市熊野町  一乗山城と甲谷城を攻め落とす

福山市熊野町の戦国時代の史跡を訪ねます、奮って参加ください。主な探訪予定地は下記のとおりです。

伝宮近門民部左衛門藤原信定供養塔(宝篋印塔)…宮氏の供養塔と伝えられる中世の宝篋印塔。

軍原・千人坪…戦国時代の古戦場跡と伝えられる地であり、戦死者の遺骸を弔った跡と言われる千人坪の地名が残る一角がある

甲谷城跡(中山田城)…戦国時代末期の面影を良く留めている中世山城跡、十数年前当会にて測量調査を行っております。畝状竪掘り、堀切、土塁、曲輪跡などが残っています。

一乗山城跡…ここも戦国時代末期の面影を良く留めている中世山城跡です。渡辺氏の居城で、福山市内で見学しやすい山城跡の一つです。

常國寺…一乗山城城主であった渡辺氏の菩提寺であったとも伝えられる日蓮宗寺院であり、宮近門民部左衛門藤原信定との関わり、また福山城の城主であった水野氏との関わりも伝えられる寺院であります。

 

担当講師杉本憲宏  副担当坂本敏夫 サポート田口会長

 

実施要項

実施日         平成23年3月27日(第4日曜日)

 

集合時間・場所     午前8時30分、福山駅前釣人像前集合

鞆鉄バス「新川行き」に乗車します(バス代430円は各自負担)

※現地参加の場合は9時に鞆鉄バス「木原バス停」集合です(駐車場はありません)

参加費   会員500円 一般参加者 800円

 

参加申し込み   事務局までメールで

 

備考       弁当飲み物持参、歩きやすい服装で。午後5時半頃、福山駅着解散予定

です(17時半ごろ福山駅着解散予定です)