2011年08月25日

尾根道の先端を占めた中野天神山城(福山市加茂町中野)

中野天神山城と内藤氏

各地を訪ねていると同じ名前の山城に出くわすことがある。中でも多いのは「天神山城」であろう。

福山市内だけでも、神辺町徳田の要害山の別称が「天神山城」、海賊城だが田島村上氏の拠った「天神山城」、新市町金丸の「天神山城」そして今回紹介する加茂町中野の「天神山城」だ。

地誌などには中野の隣にも「天神山城」があったとするが、同じ城跡を別々の村が書き上げたもので、別に城跡があるわけではない、紛らわしい限りだ。

天神山城

この城に登るには、「中国自然遊歩道」を利用するのが便利だ。福山駅前からバスを利用し、「東城別れ」で下車、辺りにある遊歩道の標識をたどっていけば難なく城跡に達する。住宅団地を抜けると、道は九十九折れの山道となり、最初に貴船神社に達する。素晴らしい景色を眺めながら、ここで一息入れ、あとは一気に本丸に攻め上る。
天神山城巨石

山頂本丸は百坪ほどの広さで、巨石が林立している。花崗岩の風化土壌のためか遺構の残り具合は悪く、主曲輪のほか付属の腰曲輪がニ・三確認できるだけだ。だが、城跡に立って周囲を見回してみると、ここに城塞が構えられた理由がよくわかる。眼下の神辺平野はこの城の下で東北の支谷である加茂谷と西北の百谷に分かれる。さらに、現在「中国自然遊歩道」として、城跡から大谷池に通ずる尾根道に注目したい。

中世と近世の違いは「道路」に如実に現れる。強大な幕藩体制を築いた江戸時代は街道が整備され「平地」の道が当たり前となったが、室町までの中世は、権力が分散され、道路を整備する力がなかった。いきおい、「道」は維持にそれほど手間のかからない「尾根道」が盛んに利用された。この尾根道も中世にさかのぼるものであることは間違いない。とすると、中野天神山城は、吉備高原地帯から平野部へ出る「尾根道」の出口を押さえる山城ということで、さらに重要性を増すだろう。

「備後古城記」には、安那郡中野村天神山城主として内藤伊賀守の名を挙げ、「家老内藤弥次郎同弥五郎二人とも精兵なり、弓一寸弐歩有、銀のつく在、矢の根雁又なり、又箙先巾四寸五歩、この長三尺」と記す。城主内藤氏のことは「福山志料」にも興味深い記述がある。

天明年間のこと、肥後細川氏が参勤交代の途中に神辺に泊まった。供にこの内藤氏の子孫の友人がいて、この国に山の中腹に神社のある城がないだろうか、友人の先祖の城なのだが、と尋ねた。神辺宿の役人はこの中野村の城のことを知らずに、神辺城のことを話し、城主歴代に内藤氏はいない、と答えた

天明といえば「福山志料」の著者菅茶山の活躍した年代、おそらく茶山が間接に聞いた実話であろう。別に内藤氏は周防より、この地に移ったとする記載もあるから、大内氏の重臣内藤氏の一族であろうか。だが、神辺平野に大内氏の勢力が及んだのは神辺城が落城した天文18年からわずかな期間しかない。それよりも寛文四年書写の奥書を持つ古城記に、「宮氏持」で「家臣の吉田何某」が居城したとある記載に注目したい。

備北に本拠を持ち、神辺平野にも大きな所領を有した宮氏にとって、この城は大変重要な位置を占めている。宮氏が築き、家臣の吉田氏や内藤氏を城代として置いた、と考えるべきであろう。