備後戦国紀行

歴史のサイドストーリーを探して

備陽史探訪の会会長・田口義之の著書です。

福山市内の中世の遺跡37カ所を12回に分けて紹介しています。

参考資料として地図も掲載しており、史跡巡りのガイド本として楽しめます。

  • 書籍: 69ページ
  • サイズ: A5
  • 出版: 福山市観光誘致協議会
  • 発売日: 2012/4/1

購入する
 
 


<目次>

  • 一、平家と備後(能登原古戦場・平家谷)
  • 二、備後の守護地頭(土肥実平・泉山城跡・椋山城跡・長和庄の遺跡)
  • 三、南北朝の内乱(桜山城跡・安国寺・勝戸城の戦い・備後宮内合戦)
  • 四、宮一族の盛衰(宮上野介家・柏の戦い・志川滝山合戦)
  • 五、毛利元就の登場と有地一族(国竹城跡・大谷鳥奥城跡・利鎌山城・相方城跡)
  • 六、山名理興の野望(神辺城跡・要害山城跡・手城山城跡・清水山古戦場)
  • 七、元就の盟友渡辺一族(草戸山城跡・一乗山城跡・常国寺・宮氏の墓)
  • 八、今探題渋川氏(赤柴山城跡・光照寺・丸山城跡)
  • 九、海賊衆村上氏(田島天神山城跡・大可島城跡)
  • 十、毛利の勇将杉原盛重(銀山城跡・三宝寺・田邊寺)
  • 十一、悲運の古志一族(大場山城跡・昌源寺)
  • 十二、幻の鞆幕府(鞆城跡・山中鹿介首塚・御殿山・蔀山)
  • 参考資料(地図)