IMG_2394 - コピー

平成29年度備陽史探訪の会一泊旅行

毎年恒例の一泊旅行、昨年は南に進路を取りましたが、今年は「西」の山口県が探訪地。備後戦国史ともかかわりが深い戦国大名大内義隆滅亡の跡と、世界遺産に認定された「明治日本の産業革命遺産」の内、長州萩に残る遺産を訪ねます。ご期待ください。

【主な見学場所】


大内氏館跡(山口市)

守護大名から戦国大名に成長した大内氏の居館跡で、発掘・復元作業が進められており、土塁・西門・庭園などが復元整備されている(国史跡「大内氏遺跡」)。

瑠璃光寺(山口市)

大内義弘・盛見兄弟が創建した香積寺の遺跡で、江戸時代、毛利氏が香積寺を長州萩に移した跡へ、陶氏の菩提寺であった仁保瑠璃光寺をこの地に移し、現在の曹洞宗瑠璃光寺となった。国宝の五重塔は大内盛見が兄義弘の菩提を弔うために創建したものである。

大寧寺(長門市)

大内氏一族鷲頭弘忠が曹洞宗の名僧石屋真梁を開山に招いて創建した寺院。天文20年(1551)9月、陶隆房の謀反によって追い詰められた大内義隆が自刃した場所として有名である。

萩の世界遺産「明治日本の産業革命遺産」(萩市)

2015年に世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の内「萩の産業化初期の遺産群」萩反射炉・恵比寿ケ鼻造船所跡・萩城下町・萩城跡(国史跡・日本100名城)など

【宿泊場所】

萩グランドホテル「天空」

【宿募集要項】

実施日 5月27日(土)・5月28日(日)雨天決行
集合時間 午前7時00分
集合場所 福山駅北口観光バス乗り場
参加費 28,000円(会員)
30,000円(一般)
募集人数 40名
講師 田口 義之(会長)
申込方法 ネットでのお申込みは下の「参加する」をクリック!
その他 ※28日午後6時頃帰着予定

申込方法は他の行事とは異なります。予約金1万円確認後受付が完了です。

申込方法

参加する

 

行事に関するご質問などは「お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

【福山駅北口観光バス乗り場】