2016年04月11日

神の国「神石」に歴史のロマンを訪ねて

4月10日(日曜日)、備陽史探訪の会4月バス例会が無事開催されました。目的地は神石郡の旧油木・神石町域。

例会は予定通り進行し、最後には地元の方の勧めで満開の「一本桜」を愛でて帰途につきました。講師は田口義之会長、参加者は48名(内一般2名)でした。

最初の目的地は隣松山永聖寺

IMG_1970

開山の智庵元周の石塔は応永初年のもの

IMG_1975

高子山城跡は林の中にありました

IMG_1979

次いで西行の伝説の残る「歌の御堂」へ

IMG_1989

広域農道を経由して神石大橋を見物

IMG_1995

お昼は帝釈峡の中心地「犬瀬」

IMG_1999

旧紅葉橋は神龍橋として移設保存されていました

IMG_2050

昼食場所は中世の「矢不立城跡」

IMG_2058

午後最初の見学地は「辰口古墳」

IMG_2060

かつて栄えた「呉ヶ峠」の街並を散策

IMG_2078

最後の見学地、泉山城跡は綺麗に下刈りされていました

IMG_2090

地元の方のお勧めで福永の「大桜」を見物

IMG_2100

参加者全員で記念写真を撮りました

DSC_0115

樹齢200年のエドヒガンを後に帰途につきました

IMG_2110