去る2006年8月27日午前中、古墳ロードの下見を実施した。

午前8時、駅家町の服部大池の土手に集合した会員14名は、実行委員会で決まったルートを歩き、説明版や標識の設置場所などを確認していった。炎天下の下見で汗まみれになったが、充実したひと時であった。

なお、当日は山陽新聞の記者が同道し、翌日の山陽新聞で大きく報道された。