第二十五回  バスでゆく
親と子の古墳めぐり
備陽史探訪の会では、親子で地域の歴史に親しむことを目的に「親と子の古墳めぐり」を開催してきました。二十五回目となる今年は、特別企画として、福山地域を含む「吉備の国」を代表する古墳や史跡を見学します。全国第4位の大きさである造山古墳や備中国分寺などを訪れます。
【実施要項】
《開催日》
五月五日(土・祝日)小雨決行
《集合等》福山駅北口
八時三十分(出発は九時)
《参加費》大人  一五〇〇円
子ども 一〇〇〇円
(バス代・傷害保険代・入館料・資料代など含む)当日集金
《参加資格》
原則として、親子での参加としますが、大人だけ(一人・グループ)でも参加できます。
ただし、小学校低学年以下の子どもの参加には、必ず保護者の方の付き添いをお願いします。
《申込方法》
往復ハガキに参加者全員の
①氏名②住所③年齢④電話番号⑤お互いの関係(家族か友人か)⑥学年
を書いて、四月三〇日(月)までに事務局に申し込んで下さい。
なお、定員80名を超えた時点で締め切らせていただきます。
《その他》
途中に山道がありますので、歩きやすい服装と靴で参加して下さい。弁当・飲物は各自ご持参下さい。
《主な見学古墳》
訪れるのは、岡山市や総社市の古墳・史跡です。
(岡山市)造山古墳・千足古墳
(総社市)備中国分寺跡・こうもり塚古墳・鬼の城・吉備路郷土館・作山古墳 など
※天候や当日の交通事情などによって変更の場合があります。