歴史ウォーク 第三回「旧山陽道ゆったり歩き」
東尾道駅から防地峠を経て尾道の街歩きを楽しむ。
弥生三月の陽光は暖かく、史跡めぐりウオークは一層楽しくなります。第三回の探訪・見学地は東尾道駅から出発して、大元山古墳跡、八幡神社から高須の旧山陽道を歩いて大田貝塚へ行きます。そこから高須一里塚跡の碑を見て防地峠を目指します。峠の福山藩と藝州藩の境界碑・番所跡を訪ねて、浄土寺山で昼食にします。山頂からの展望は素晴らしく、尾道市街が一望できる場所です。昼食後は防地峠を下って市街を目指しますが、途中、尾道東高校の芙美子歌碑・頼山陽の往来安全燈籠と山脇神社・西郷寺・正念寺にも寄りましょう。防地口から本通りが旧山陽道で市街地の小路や井戸なども探訪して古い尾道の様子を確認します。
《実施要項》
《日時》  3月4日(日)雨天実施
《集合》  午前8時30分 JR「東尾道駅北口」
《講師》     岡田宏一郎(会員)
《募集人員》   60名程度
《参加費》    500円
《申し込み》事務局まで電話かハガキで。
《その他》弁当・飲み物持参。歩きやすい服装と靴で
《主な見学地》
①尾道駅(スタート)②大元山古墳跡③高須八幡神社④大田貝塚⑤高須一里塚跡⑥防地峠・藩境碑⑦浄土寺山の山頂で昼食⑧尾道東高校の歌碑と燈籠⑨山脇神社・西郷寺⑩防地口・橋本家別邸⑪厳島神社(八坂神社)⑫市街の小路歩き・熊野神社⑬尾道歴史博物館 ⑭住吉神社⑮尾道商業会議所記念館⑯芙美子像前(解散)