2009年06月04日

大谷城と有地隆信(福山市芦田町・有地氏の謎)

備陽史探訪:148号」より

田口 義之

北方より望む大谷城跡の勇姿

戦国時代、福山市芦田町一帯に大きな勢力を持った有地氏は、謎を秘めた一族である。

第一に、素性がはっきりしない。一般に信じられているのは、「相方村城主有地殿先祖覚」などで流布している説である(福山志料・西備名区も大同小異)。

有地氏の初代、石見守清元は新市亀寿山城主宮氏の出であったが、兄弟不和で亀寿山城を出て、有地村に居住した。天文三年(一五三四)の事という。次いで清元の嫡子隆信の代になると、西隣福田(芦田町福田)利鎌山城の福田氏を討ち、城を大谷九の平に移した。さらに隆信の子元盛の代になると勢いますます振るい、府中市中須町から駅家町近田まで切り取って城を相方に移した。これが総石垣の山城として有名な相方城である。

有地氏が官氏の一門であることは、元盛が「宮之元盛」と銘に刻ませていることから事実であろう(鬼瓦銘文)。

だが、その先代とされる隆信に関しては、解決しなければならない課題は多い。

先ず、ほぼ同世代と考えられる「宮若狭守隆信」と「有地隆信」の関係である。

宮若狭守隆信は、「水野記」に、安那郡中条周辺の領主として見える人物で、天文十七年(一五四七)には、同郡道上の浄光寺に田畠一町二反を寄進している。

今まで有地氏に関する研究では、若狭守隆信と有地隆信は別人と見られて来た。だが、両人の「隆」は大内義隆の一字を拝領したものである。活躍した地域・時代が一致することから、同一人物と考えた方が良い。萩藩有地氏の系図に元盛の官途を「若狭守」とするのもこの説の補強になろう。武家社会では、名前の一字や通称。官途名を世襲するのが通例だからだ。

有地氏に関する見方をこのように広く捉えると、既出の史料も別な解釈が可能である。

例えば、「毛利家文書」三〇七号大内義隆書状(推定天文十七年)に出てくる、大内氏によって「要害」を攻め落とされた「宮次郎左衛門尉」である。今までこの人物は、室町初期に活躍した「宮次郎右衛門尉氏兼」の子孫と推定され、その「要害」も神辺町徳田の天神山か御幸の正戸山と考えられてきた(福山市史上巻)。

だが、有地氏を芦田町という狭い範囲で考えるのではなく、備後南部と言う広い視野で捉えると、別の解釈が可能である。伝承の有地一族で、隆信の弟に「有地次郎左衛門尉景信(宗)」という人物がいる。彼こそ、義隆書状の「宮次郎左衛門尉」ではないのか。景信は「玄蕃」とも称し、実在の人物である。

もし、この解釈が正しいとするならば、生きて来る資料がある。萩藩家中の有地氏系譜である。今までこの系譜は誤りが多いとして、回顧見られることは少なかった。ただ、宮元盛が天文三年(一五三四)毛利氏に降った、という箇所だけは、どういう訳か多くの毛利氏概説書に取られて来た。

「毛利家文書」の「宮次郎左衛門尉」を有地氏に比定して良いとなると、有地氏と毛利氏の合戦は、天文三年ではなく、天文十七年に行われたことになり(義隆の花押からそのように推定できる)、備南戦国史と残された史跡を解釈しやすくなる。

今まで「天文三年の宮城合戦」は、備後戦国史の「喉」に突き刺さった「とげ」であった。芸備地方や中国地方の政治史の中で、「天文三年」毛利氏が遠く備後南部に兵を出すなど考えがたいことであった。しかし、一四年後の天文十七年ならば十分ありえる話だ。

そして、隆信が築城し、景信が居城したという大谷城のおぞましいまでの要害堅固さも、毛利氏の攻撃に備えるためであったとすれば理解できる。

私が初めてこの城を訪ねたのは、昭和五十五年十一月二十四日のことであった。なぜ、三十年近い昔のことが月日までわかるかと言うと、生まれたばかりの備陽史探訪の会の第2回目の「例会」で訪ねたからだ。会の創立記念日は、この年の九月だから、産まれたてのほやほやで、実はその名称も決まっていなかった(会の名前が備陽史探訪の会に決まったのはこの年の暮のことだ)。

その日、私たちは、メンバーの乗用車で芦田町に向かった。最初に国竹城跡を訪ね、昼前に大谷城跡に登った。

真正面からは登れない、採石場となって、切り立った絶壁は人を寄せ付けない。やむなく、東側に回って池の土手際から城跡を目指した。

当時山は既に荒れていた。かろうじて残っていた山道を息を切らしながら登ると、一〇分ほどで最初の曲輪跡に到達した。さらに登ると、土塁に囲まれた曲輪に出くわした。そこから人工的に急傾斜にした斜面(城郭用語で「切岸」と呼ぶ)を一気に駆け上ると山頂広場、本丸となっていた。

標高二六二メートルの山頂には古びた祠と拝殿が建ち、北を見下ろすと、日もくらむような絶壁だ(この神社はまだあるだろうか…)。

この城で注目されたのは、本丸の構造と、土塁で囲まれた曲輪の存在であった。

特に注目されるのは本丸が東西二つに分かれていることだ。普通、山城の本丸(主曲輪)は一つと決まっている。それはそうであろう、本丸が三分されていると、守備力が分散され、城の防御能力が低下する。

地形によって(例えば山頂が二つあるとか)、主曲輪が二つあるという例はままある。だが、大谷城の場合は意図的に本丸を三分しているとしか考えられない。地形から見て、本来山頂は一つだったはずだ。

では、なぜ本丸をこのような形状にしたのか…。考えられるのは、これが宮氏独特の築城術ではないかということだ。実は、宮氏が築城し、居城したと伝えられる山城には、この「本丸が二つある」城が多く見られる。新市の亀寿山城、相方城は共に本丸主曲輪が東西に並立する。宮氏最後の拠点加茂町の志川滝山城も鞍部を挟んで東西に曲輪群が築かれている。宮氏の惣領筋の一つ宮上野介家の居城と推定される神辺町中条の遍照山城の本丸も南北二つの曲輪で構成されている。しかも、遍照山の場合も意図的に本丸を二分したように見える。

宮氏に独特の築城術があったとする仮説は大いに考えられることだ。戦国時代、各地の戦国大名は競って堅固な山城を築いた。そして、それらの山城には大名ごとに特徴があった。甲斐武田氏の「丸馬出し」、相模北条氏の「障子堀」などだ。

宮氏は甲斐武田氏や相模北条氏には劣るが、室町時代には幕府奉公衆として栄華を極め、備後を代表する国人として「備後殿」と称された家である。独特の築城術を伝えていたとしても不思議はない。

土塁で囲まれた曲輪の存在は謎である。一説に城の用水を貯めた「池」の跡ではないかと言われるが、土蔵や櫓の跡の可能性もある。

また、その後明らかになったことだが、この城には山頂の曲輪群を囲むようにびっしりと「畝状竪堀群」が設けられている。

これらのことから、大谷城跡は福山を代表する山城遺跡の一つであることは間違いない。残念なことは、この山城遺跡の自眉とも言うべき城跡が現在破壊の危機に曝されていることだ。採石場によって山の北半分は既に消滅した。何とかこの貴重な遺跡を後世に伝えたいものである。