2014年02月23日

【徒歩例会】銀山城に登る(福山市山手町)

2014年2月23日発行

銀山城に登る
山手銀山城主の系譜について

杉原氏が山手銀山城主であったことを示す一次史料は確認されていない。しかしながら、原本が近世初頭に成立したと考えられる『備後古城記』の山手村の項には、「源姓・杉原伯耆守山名近江入道家老、同備前守、同播磨守盛重」と書き上げられており、山手銀山城の城主は杉原氏であったと推定される。同じく近世初頭の成立と考えられる『水野記』の山手村、郷分村、赤坂村、津野郷村の寺社に対する所領の寄進者は、杉原盛重となっており、銀山城山麓が戦国時代の末期には杉原氏の所領であったことも確認される…


<目次>

  • 徒歩例会探訪コース
  • 1 近世地誌から見た杉原氏と山手銀城
    • 『檀上本備後古城記』(抜粋)
    • 『水野記巻十二』(抜粋)
    • その他の資料
  • 2 山手銀城主の系譜について
    • 【史料①】「大和理政譲状」(「平成十八年度古典籍展観大入札会」一〇二七号)
    • 【史料②】「足利義持御判御教書」(『広島県史Ⅱ ・中世』)
    • 【史料③】足利義材御判御行書写(『小早川家文書』)
    • 【史料④】細川澄之カ書状写(『小早川家文書』)
    • 【史料⑤】太田垣胤朝副状(『平賀家文書』)
    • 【史料⑥】山名澄之書状(『萩藩閥閲録』巻六七)
    • 【史料⑦】大内義興書状(『萩藩閥閲録』巻六七)
  • 3 山手銀城の縄張り
  • 【銀山城縄張り図】
  • 4 他探訪地
    • ①如意山田辺寺
    • ②大鏡山三寶寺(曹洞宗)
    • ③太閤屋敷
    • ④一里塚
  • 5 足利義昭と津之郷
  • 関連資料
    • 【史料①】「備後国御料所注文」(「細川文書」)
    • 【史料②】「足利義昭御内書」(「光源院文書」)
    • 【史料③】「足利義昭御内書案」(「室町幕府御内書案」)
    • 【史料④】「足利義昭御内書」(「山内家文書」)
    • 【史料⑤】「足利義昭御内書」(「吉川家文書」)
    • 【史料⑥】「槙島昭光副状」(「三浦家文書」)
    • 【史料⑦】「槙島昭光書状」(「三浦家文書」)
    • 【史料⑧】「足利義昭御内書」(「毛利家文書」)
    • 【史料⑧】「九州御動座記」
    • 【史料⑨】「足利義昭御内書」(「毛利家文書」)
  • 図1 高洲長左衛門盛英書出し系
  • 図2 木梨平左衛門恒通家系図
  • 【二月度徒歩例会探訪地付近図】

 
 
銀山城に登る