統一演題「神辺城を廻る戦国武将達―山名氏・宮氏・杉原氏・毛利氏について―」を中心に三人の講師がそれぞれ講演、その後パネルディスカッションを行ないました。当日は150名を越える参加者でした。

  • 「山名理興と神辺城」(木村和司氏)
  • 「戦国期宮氏の動向、神辺を中心に」(田口義之氏)
  • 「毛利氏の備後国支配と神辺城」(柴原直樹氏)